英語リスニングのコツ【意味を考えない】

 
ひろき君
スピードの速いネイティブ英語とか、なかなか聞き取れるようにならないなぁ
リスニングするとき、どういう意識で聞けばよく聞き取れるようになるんだろう?
何かコツみたいなのってあるのかなぁ?
 

(この記事を読むメリット)

・ 英語リスニングを飛躍的に上達させるコツを紹介します。

・ そして、トレーニングするための参考記事も併せて紹介します。

なお、英語を勉強したい方は、日本語を毎日しゃべるのと同じように、オンライン英会話などで片言でもいいので英語を口に出すことが、楽しく英語脳を作っていく秘訣です。

意味を考えないこと。英語の音を聞くことに集中する。

ポイントはこれです。

それは、なぜでしょうか?

理由は、意味を考える時点で、脳の処理が遅れてしまい、次の音を聞き逃してしまうからです。

日本語を誰かが喋るのを聞く時を思い起こしてください。

いちいち、言葉の意味を理解しようという意識で聞きませんよね?

意味は、考えて入ってくるのではなく、日本語から直接頭に内容がイメージされるのです。

わかりやすく言うと、「考える」のではなく、「感じられる」のです。感じるのは、とても速いスピードで、それこそ直感的です。

ネイティブ英語は。その状態を前提としたスピードなのです。

ですので、意味を考えようとすると、ワンテンポ遅れてしまい、次の音が聞き取れず、結局ネイティブの英語は速すぎて聞き取れない、という状態になります。

具体的にどのように聞くか? どう練習するか?

これもシンプルに説明します。

ズバリ、

英語の音に集中して、頭の方から、あるがままに聞き、意味なんか分からなくてもただひたすら音を聞き取る。

そして、日本語への変換や、意味を理解しようとするプロセスを経ないで、英語の音から自然に直感的にイメージされたものだけで、良しとする。

これを繰り返しトレーニングするのです。

英語の音は、日本人には聞き取りにくいです。母音も子音も、日本語より格段に複雑です。

母音については、

英語は、20音素ありますが、

/iː/, /ɪ/, /e/, /æ/, /ʌ/, /ɑː/, /ɒ/, /ɔː/, /ʊ/, /uː/, /ɜː/, /ə/, /eɪ/, /aɪ/, /ɔɪ/, /əʊ/, /aʊ, ɑʊ/, /ɪə/, /eə/, /ʊə/

日本語は、5音素しかありません。

/a/, /i/, /u/, /e/, /o/

因みに,日本語の5母音というのは世界でみると普通で、英語の20音素というのが、特別多いと言えます。

また、子音については、

英語は、24音素ありますが、

/p/, /b/, /t/, /d/, /k/, /g/, /ʧ/, /ʤ/, /f/, /v/, /θ/, /ð/, /s/, /z/, /ʃ/, /ʒ/, /h/, /m/, /n/, /ŋ/, /l/, /r/, /w/, /j/

日本語は、16音素しかありません。

/k/, /s/, /c/, /t/, /n/, /h/, /m/, /r/, /g/, /ŋ/, /z/, /d/, /b/, /p/

このように、英語ネイティブは日本人に比べ、複雑な音を日頃から聞き分けているわけです。

日本人が英語を聞くときは、この慣れていない、音の違いが聞き分けられるよう、音そのものに集中すべきという理由がおわかりでしょう。

オンライン英会話はネイティブ非ネイティブどちらから学ぶべき?メリット・デメリットを解説

さらに、日本人は、gum を、 ガム(チューインガム) と発音するように、

m の後ろに、u がないにもかかわらず、母音 u があるがごとく、ム と発音してしまいます。

これは、日本語が、母音に重きをおく言語だからです。

英語を聞くときも、無意識に母音を聞こうとする傾向が強く、この結果、大事な子音を聞き取れないという現象が生じてしまうのです。

したがって、英語を聞く際は、日本人の得意な母音よりも、子音にもっと注意を向けて、微妙な音の違いを聞き分けていかなければなりません。

だから、ひたすら音に集中して聞き取る必要があります。

意味理解は置いといて、まずは音に集中。

意味を考えて遅れてしまうくらいなら、考えずに感じ取られたものだけで勝負する。

この方法での聞き取り練習を繰り返していれば、次第に英語から直接「感じ取れる」部分が多くなりますので、それを増やしていくわけです。

 

これに一番効果的な方法は何か?

それは、一人で勉強するよりも、相手を置いて、英語での会話に没頭することです。

考えてみてください。

何か考え事があったり、他のことをしていても、他人に話しかけられたら、そこに注意を向けて、すぐさま、相手の言うことに耳を傾け、何を言っているかを聞き取ろうとしますよね?

これは、ほぼ本能的な行動です。

そこに、相手の言葉を聞き取る、没頭するというプロセスが生じます。

これを利用するわけです。

赤ちゃんも全神経を集中させて、親の顔を見つめ、親が何を言っているのかを感じ取ろうとします。

英会話をするには、ネイティブの英語をところどころは聞き取れるレベルが必要ですが、集中し、没頭して音を聞き取る訓練をするという意味から、ネイティブとの英会話はたいへん効果的です。

わたしも、レアジョブでこれを知らず知らず訓練しました。

ネイティブとの英会話がただ楽しいだけでしたが、英語レベルはこれで飛躍的に高まったと思っています。

コロナ禍にあって、オンライン英会話がおすすめです。

スクールに比べても安く、また、スマホ一つでどこにいても20分ぐらいずつでも、好きな時にネイティブとの会話を楽しむことができます。

ラジオやYouTubeで英語を聞くのとは異なり、聞き取れない箇所は、すぐさま聞きなおして、何と言ったのかを教えてもらい、文字と音を結び付け直し、ネイティブ英語のリンキング、リダクション、フラッピングなど音声変化した発音の引き出しをどんどん増やしていくことができます。

不安な方は、日本人講師を選んで、最初は日本語を多めに喋るのもおすすめです。慣れることが何より大事です。

一歩踏み出しましょう! 英語を毎日喋ってるんだという自信がつき、きっと違う世界が見えるはずです。

評価の高い、またコスパの良いオンライン英会話のサービスの中から、3つを絞り込んでおすすめした私の記事を貼っておきますので、興味のある方は見てみてください。

無料体験をして、効果がありそうかどうか、肌で感じてみてから利用を考えるのをおすすめします。

⇒ オンライン英会話の比較やレビュー、無料体験の紹介の記事はこちらから

 

なかなか聞き取れない、速いネイティブ英語を遅れずに聞き取り、意味が脳に直接イメージとして入ってくるようになるためには、英語脳づくりの理論を踏まえたトレーニングが必要です。

英語脳とは何かや、英語脳を作っていくためのトレーニング方法を分かりやすく解説した次の記事が参考になると思います。

⇒ 英語脳についての記事はこちら

まとめ

英語リスニングを行う際のコツはただ一つ。

つまり、

「意味を考えるな。英語を頭から英語のまま感じ取れ。」です。

 

※  以下は、英語の勉強法に関する、筆者の参考記事の要約です。

興味のある方のみお読みください。

自分の商品の宣伝等ではなく、純粋に、私が実践した勉強法と、使って良かったサービスのご紹介ですのでご安心ください。

このサイト内の私の記事にリンクを貼っていますので、英語勉強をしたい方は見てみてください。

この記事を読まれる方の中には、英語を日常生活の中に取り入れて学んでいきたいという方も相当いらっしゃるのではないでしょうか?

英語学習は、たいていの日本人にとっては、第二言語習得です。

「英語を学ぶ」というのではなく、「英語で学ぶ」という方法が取れます。好きな内容・方法で。

 

そして、英語というのは、コミュニケーションのためのツールです。

これを習得するのには、コミュニケーションの実践を重ねるのが一番です。

 

でも、インプットばかりして、実は、アウトプットをしていない、実際に喋ろうと思ってもなかなか表現も出てこない、という方がものすごく多いという現状があります。

「そんなガッツリ勉強はしたくない。楽しい方法で、できれば英語も学びたい’」という方には、

「簡単な言葉から少しずつ、英語で雑談をする。」

という方法がおすすめです。

 

英語のアウトプット、すなわちしゃべることを頻繁にしていると、いわゆる英語脳、英語耳が形成され、考えずとも表現が出てくる自動化が次第に実現していき、流暢にしゃべれるようになります。

同時にリスニングも格段に上達します。

 

コロナ時代に最適な、自宅でもどこでもできる「オンライン英会話」のサービスを、経験者の私が選りすぐってみた記事を貼っておきますので参考にされてください。

どんどんネイティブ英語を聞けるようになり、話せるようになるために日常生活でできるだけ英語をしゃべりましょう。

しゃべれる英語は聞き取れます。

 

無料体験で試してみてから、自分に合うと思ったら、そのオンライン英会話を少し続けてみてはいかがでしょうか。

「自分はまだ英語力が低いから」と不安な方は、まずは日本語を相当混ぜながら、あるいは最初はほとんどを日本語で会話するのもおすすめします。

日本人講師も選択できます。

まず一歩を踏み出してしまうのが大事です。

すぐに慣れて、「自分は英語を頻繁にしゃべってるんだ」という大きな自信がつきます。

⇒  無料体験ありの、おすすめのオンライン英会話を紹介した記事はこちら

 

※ オンライン英会話の一覧 (上記記事から抜粋)

スクール名 月額 無料体験 特徴

レアジョブ英会話

筆者おすすめ!

5,800円 2回 講師の質が均質

DMM英会話

筆者おすすめ!

6,480円 2回 講師の国籍数No.1

ネイティブキャンプ

筆者おすすめ!

6,480円 7日間 レッスン受け放題
EFイングリッシュライブ 8,100円 7日間 グループレッスンあり
Bizmates(ビズメイツ) 11,000円 1回 ビジネス英語に特化
QQ English 9,680円 2回 カランメソッド正式認定校
Mytutor 15,980円 1回 TOEFL/IELTS対策あり
hanaso 5,980円 2回 回数制プランあり
エイゴックス 5,800円 1回 ネイティブと話せる
クラウティ(学研プラス) 4,500円 14日間 家族プランあり
Cambly(キャンブリー) 8,768円 1回 予約不要

 

私の場合、留学をする代わりに、レアジョブ英会話で実践を積み重ね、スピーキングのスピードや表現、リスニングを鍛えました。

無料体験できますので、自分に合うか確かめてみてから、入会を判断することができます。価格も良心的です。

⇒ レアジョブ英会話の無料体験はこちら

※ 関連の記事です。

【実体験】オンライン英会話レアジョブで雑談してたらTOEICが100点アップ!

 

※ なお、英語力を総合的に上げて、世界中の英語サイトを見たり聞いたり、英文で読書したりして、膨大な英語情報を基に知識や教養を身に付け、豊かで自由な人生を送りたい方には、学習のペースメーカーとしてTOEICに挑戦することをおすすめします。

英検などと違い不合格というのがないので、ショックをあまり味わわず雪だるま式で英語力を蓄積させていくことができ、筆者も実践しました。

また、転職や就職を有利にするため、あるいは入学試験のためにTOEICのスコアをできるだけ短期間に上げたい人には特に、隙間時間に細切れで勉強を積み重ねることができるスマホアプリでの学習がおすすめです。

中でも、TOEIC勉強の定番であるリクルート社のスタディサプリTOEICを特におすすめします。

TOEICスコアを取得すると、英語ができるという自信や、会社などからの評価が高まりますので大きなメリットがあります。

スタディサプリTOEICのメリット・デメリット、評判、体験談などを紹介した記事を参考にされてください。

⇒ スタディサプリ ENGLISH  TOEIC の無料体験などはこちらから

 

⇒  また、英語力に応じた勉強法についての参考記事はこちら。

 

さらに、書いたものを読めば理解できるけど、音で聞くとわからない場合は、ネイティブ英語のリンキングやリダクション、フラッピングなどの音声変化を頭にインプットして発音練習することが不可欠です。

ネイティブ英語がなかなか聞き取れないのは、脳にインプットされている、学校で習った英語の発音と、ネイティブ英語の、単語どうしがつながった音とが全く異なり、ネイティブ英語を聞いても文字の推測がつかないことが大きな原因です。

 

例えば、 I’m going to 〜 は、

アイム ゴーイング トゥー ではなく、

アイムガナ と発音されるのです。

こういう音声変化を知らない人が英語を聞き取れるようになるはずがないわけです。

⇒   ネイティブ英語の、単語どうしの音のリンキング、リダクション、フラッピングなどの、音声付きの文例集の記事はこちらです。

リンキングなどのネイティブ英語の発音練習をすれば、聞き取れるようになります。

喋れる英語は聞き取れる、という原則があります。

 

また、書物(洋書含む)を音声で聞ける Amazon のサービス Audible (オーディブル)のメリットや、1か月間の無料体験、登録・使用方法などをまとめた記事はこちらです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!