リスニングが全くできない人のたった3つの特徴【即改善できます】

「リスニングが全くできない」

「英語で何と言っているかわからない」

こんなお悩みを解決します。

リスニングが全くできなくても問題ありません。一番最初は誰しもが通る道です。リスニングが全くできない人の為に、リスニング力を向上させる学習のコツやとるべき行動についてまとめました。私自身もリスニングが全くできない状況から、ある程度までリスニング力を向上させた経験がありますので、経験談も交えて解説します。

リスニングが全くできなくても、コツさえわかれば耳に自然と英語が入ってきます。まずは、原因を捉えて対策しましょう。

リスニングが全くできない人の3つの特徴

そもそも英語脳ではない

そもそも日本語が飛び交う環境にいるあなたは、リスニングが全くできなくてもおかしくはありません。日本語で話す際の言葉は日本語特有の発音になっています。つまり英語を話す前に、日本語脳から英語脳に変えていく必要があります。つまりトレーニングが必要です。

日本語と英語は明確に違います。日本語「私はあなたを愛してます」英語「I love you」英語では「私は愛してるあなたを」という形になりますが、日本語は私はあなたを愛してるとなります。そもそもの文章においての決まり事が違うのです。

英語を聞いたときに、この違いを即座に頭で理解するのはどうしても難しいです。日本語脳から英語脳に変えるのは時間がかかります。日本語脳から英語脳に変えるには厳密な時間は人それぞれではありますが、普段日本語の環境下にいる私たちは、ある程度の英語に触れる時間は必要になります。

その為にもスキマ時間をうまく活用し、英語に触れる機会を多くし、日々の中で英語脳を作っていくしかリスニング向上はできません。1秒でも多く英語に触れる時間を作っていきましょう。

綴りは分かっても音声が分からない

綴りはわかっていても音声がわからないはリスニングが全くできない人にとってあるあるネタです。音声がわからない場合は、「聞いたことがない」「その単語を話すことができない」という状況になります。つまり「発音がわからない」という状況下にいます。綴りはわかっていても音声が分からない場合は、単語ごとに発音を聞いて、自身で発音することが大切です。

その為、綴りが分かっても音声がわからないは、発音することで克服できる可能性が高いです。そのため、まずは英語に触れる機会を多く持つことが先決です。音声がわかるまで聞くことも大切ですが、インプットばかりでは英語力向上はしづらいです。音声で聞いたことを発音することでアウトプットし、発音を自身の口から発してみることから始めましょう。

発音ができない

発音ができないもリスニングが全くできない人の特徴の一つです。赤ちゃんが母国語を覚えるように、最初はできなくて当たり前です。まずは、一つ一つの単語を発音することで覚えていくことをおすすめします。

発音もまた耳で聞き、自分の口から発音してみるを繰り返し行うことが必要です。英語を話せるスピーカーと対話をすることで、どんな発音の仕方をするのかを耳で聞き、真似して発音する、を繰り返しましょう。追ってリスニングが全くできない人のための学習のコツにて解説しますが、そもそもの英語に触れる時間が少ないことや自身から英語で発信する機会が少ないのも発音ができない人の典型的なパターンではあります。

できないながらも、自身の口から発信することを継続して行う事をおすすめします。とにかく英語を使って話すを心がけましょう。

リスニングが全くできない人におすすめしたい学習のコツ

話すことから始める

リスニングが全くできない人におすすめしたいのは、一番に話すことから始めるです。

話すと聞くは非常に関連性があります。赤ちゃんが母親の言葉を覚えるように、話をしようとすることが大切です。話をしようとすることで、より単語を聞き、発音を聞き、覚えようとするのです。

聞くことだけでは、リスニングを克服することはできません。その為、場数を踏む上でも英語で話ができる環境を作ることが非常に大切になります。最初は対人でなくても一人でも可能です。今やリスニング力を向上するためのアプリや単語を覚えるためのアプリも数多くあります。そのようなアプリを使って単語を覚えたり、実際の利用シーン別の英会話フレーズをアプリや参考書等を使って自身の口で発音し、覚えていきましょう。

実際のところ、一人でも発音することでフレーズや単語を覚えることは可能ですが、対人の実践形式のほうが、上達スピードは早まります。そのような環境にいない方は一人で英語を発音することから始めましょう。

英語を聞く機会を増やす

英語を話すことから始めた後は、聞く機会も増やしましょう。日本語の環境にいるあなたにとって英語を耳で聞く機会は非常に大切です。聞く機会が多ければ多いほど、リスニングの上達に近づきます。簡単な方法ですと、まずは洋楽を聴くことから始めるのも良いでしょう。慣れていない英語を聞く機会を増やすことでリスニングを克服できます。

できれば、聞く機会を増やすのはもちろんのこと、聞いて、話す、のインプットとアウトプットの繰り返しが多くできればよりリスニング向上に一歩近づけます。そのような環境下にいない方は、リスニングのアプリでもいいので、活用することをおすすめします。実際には英語を聞くだけでは上達はしないので、聞いたことを真似して発音するトレーニングも合わせて行う事が英語力の上達を早めることになります。

具体的な初心者向けの英語のリスニングアプリに関しては別記事にてまとめていますので、参考にしてください。

関連記事1:英語リスニングアプリのおすすめを初心者向けに解説【勉強方法とコツ】

関連記事2:【注意喚起】スタディサプリTOEICは効果ない!入会前に確認すべきこと3つ

 

ディクテーションやシャドーイングを取り入れる

リスニングができているかをはかる上で、勉強方法にディクテーションを取り入れることをおすすめします。また聞いたことを復唱することでリスニング力向上を目指すシャドーイングも勉強方法に取り入れることをおすすめします。

まず、ディクテーションに関してです。ディクテーションは会話や音声で流れている言語を書きとる勉強方法になります。今回の場合、英語力向上をはかるために、どのくらいリスニング力があるのかをアプリ等を活用し実践してみるとよいでしょう。思った以上に初心者の場合は聞き取れていないことが予想されます。でも大丈夫です。安心してください。今はまだ英語に触れる機会が少ないだけで、英語に触れる時間が多ければ多いほど、慣れていきます。日々のスキマ時間や通勤時間を活用し、アプリ等で英語を聞き流ししながら、どのくらいディクテーションできているかを実践してみてください。続いてシャードイングに関してです。シャドーイングは流れている音声の1語、2語を遅らせて復唱することでリスニング力向上をはかるための勉強方法の一つです。こちらの勉強方法に関しては復唱する関係上、自宅が主となる勉強方法になるかと思います。

誘惑に負けない環境づくりと継続して英語に触れる時間を確保できるように自分自身での工夫が必要になります。リスニング向上をはかるために自分に負けずに英語に触れる時間を作ってください。

▶︎ シャドーイングの参考記事

リスニングが全くできない人が取るべき3つの行動

寝る前やスキマ時間に単語を勉強する

英語力を向上させる為の最初の一歩は単語を覚えることです。そもそも英語の単語を知らなければ、会話の中で聞いてもわからない、発音の仕方もわからないという状況に陥ります。

最低限でも中学生レベルの英単語を覚えることからスタートさせましょう。その中で単語を効率的に覚えられるのは寝る前になります。

これは科学的にも証明されていて、寝る前に覚えたことは記憶の定着に良いと言われています。寝る前だけでは英語に触れる時間は短いので、通勤時間やお風呂など、スキマ時間を活用し英語に触れる時間の確保をしてください。日本語が飛び交う環境下にいる方が大半だと思いますが、英語に触れる機会が多ければ多いほど、英語上達のスピードは早まります。

まずは単語から覚えていきましょう。単語に関しては参考書でも可能ですが、リスニング力向上をはかる為に、アプリを使って単語の勉強をしましょう。別記事にてまとめていますが、英単語アプリ mika‪nがおすすめです。特徴としてはどれだけ自分自身が単語を覚えたか、1日の目標単語数を設定でき1週間の学習グラフが見える化されるのでモチベーションを高めながら英単語を勉強できます。参考書ではできない、単語をクリックしただけで発音もしてくれるので、効率的に英単語を勉強できるのでおすすめです。

関連記事:英語リスニングアプリのおすすめを初心者向けに解説【勉強方法とコツ】

綴りを覚える時間をリスニングに充てる

実は綴りはそんなに重要ではありません。時代的にも書く機会はどんどん減っていますし、外国人が多少間違えたくらいで誰も気にはしません。日本は綴りに時間をかけすぎです。学校でもノートにびっしり書いた記憶があるのではないかと思います。綴りは覚えるのに時間がかかります。一方リスニングにはそんなに時間をかけていないのでは?と感じます。

このリスニング力を向上させる為にも、アプリを活用することをおすすめします。リスニングが全くできない人は特に「わかんないからやらない」というケースが多いと思います。自分自身の興味のあるアニメやエンタメで英語を学ぶことができたら、英語に関するハードルも低くなると思います。

そのような背景もあるため、英語を学ぶハードルを下げる為でもVoicetubeで学ぶことをおすすめします。Voicetubeは動画コンテンツとなっており、初心者でもとっつきやすい内容になっています。具体的にはアニメやエンタメを英語で学ぶことが可能で非常に面白いコンテンツが豊富にあります。Voicetubeで調べるとわかりますので、参考までに覗いてみてください。

英語を話す機会を作る

話すと聞くは関連性があります。しかし日本にいると話す機会も聞く機会もないですよね?そして現在は情勢的に留学にもいきづらいです。そんな中、国内で英語を話したり聞いたりするにはオンライン英会話がおすすめです。英語を聞くだけであればリスニングアプリ等を活用すればいい話ですが、リスニング力を向上させる為には、話すと聞くのインプットとアウトプットが英語力、強いてはリスニング力向上のスピードを早めることが可能です。

赤ちゃんがお母さんの母国語を聞いて覚えるように英語初心者は実際に生きた英語を聞き、真似して話すことで英語力を高めることが最短の近道になります。

関連記事:【失敗に注意!】オンライン英会話で効果なしの人の特徴5つ

オンライン英会話はリスニング学習にもぴったり

生きた英語を聴ける

リスニングテストのように機械的なナレーターではなく、生きた英語を聞き真似して発音することで英語力向上をはかりましょう。赤ちゃんがお母さんから母国語を覚えるように対人で英会話をすることが英語力を上達するための最短ルートです。

そのような機会を作ることが難しい場合は、オンライン英会話を活用し、環境を用意することから始めることをおすすめします。

スクールによっては動画コンテンツ(リスニング用)の教材をただで使える

オンライン英会話のスクールにはよりますが、リスニング力向上をはかるための動画コンテンツの教材等も扱っているスクールもあります。オンライン英会話サービスの中に動画コンテンツを利用する費用も含まれていたりするので、お得に英語力を培うことが可能です。

関連記事:【失敗に注意!】オンライン英会話で効果なしの人の特徴5つ

まとめ

今回はリスニングが全くできない人向けに3つの特徴とリスニング力向上をはかるための学習のコツをセットでご紹介しました。英語力を向上させるための最短ルートは留学になりますが、社会的事情もある中で、生きづらいと思います。

そんな中でもリスニング力向上をはかるためのに英語と触れ合える時間を確保しましょう。とにかく英語で話す聞くができる環境を用意することが大切です。且つ継続して英語に触れ合える時間を確保してください。

今回ご紹介したのはあくまでも一例にすぎませんが、英語力向上にお役立てできたらと思います。

最新情報をチェックしよう!