洋書Audibleのおすすめ【金持ち父さん】

お金を稼ぐとか、その方法を考えるといったことになんとなく後ろめたさを感じる人は多いと思います。少なくとも人前では話題にするのが憚られる。

資本主義の世の中で、このお金というものがやっかいで、あまり目的にはしたくないが実際には大問題で、それがないと非常に困る。

私はこの書物を読んで(Audibleでながら聞きして)、「なぜもっと早くこの書物に出会わなかったのか」と残念に思いました。

「お金」というのを胡散臭いぐらいに考えて避けて通ってきて、あまりにもそれが得られる法則性を学んでいなかった。「金持ち父さん」の法則性がわからなければ、資本主義の中で十分なお金を得ていくことはそもそも難しかったんだ、と気づきました。

今までタブー視してきた、「収入を得るための具体的な方法」を初めてじっくり考えました。「資本主義」ということからくる法則に則らなければうまくいかない。

この記事では、私自身が誤解されるのを覚悟の上で、この重要で真面目な書物(洋書)のAudible(オーディブル)を紹介します。

なお、英語を勉強したい方は、日本語を毎日しゃべるのと同じように、オンライン英会話などで片言でもいいので英語を口に出すことが、楽しく英語脳を作っていく秘訣です。

→ Amazonの英語のAudibleの全リストへのリンクはこちら

おすすめの洋書Audible/金持ち父さん

Rich Dad Poor Dad  金持ち父さん貧乏父さん :アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 / Robert Kiyosaki

主人公の日系人キヨサキは、2人の父親について語ります。

1人は、実の父親『貧乏父さん』。もう1人は親友の父親『金持ち父さん』です

貧乏父さんは、実は学校の成績は優秀でいい大学を出て、公務員になり順調に出世をしていきました。

一方、親友の父親は学歴は低く、いわゆるいい会社には入らず、自分で事業をしてきました。

相当高い地位まで出世していた実の父親はある時上役とモメて仕事を辞めざるを得なくなります。突然収入の道が閉ざされます。

その時、親友の父さんは大富豪になっていたのです。

世の中どうなっているのか? 何がおかしかったのか? 実の父さんはハタと考えます。

ところで、私たち日本人は、また、世界の多くの国で、学校教育においては、しっかり勉強をしていい大学に入り、安定した大企業などに入ろうという教え方をします。

親も子供に、安定した職業に就けるよう願い指導します。優秀であれば、医者や弁護士、高級官僚、金融、商社、その他一部上場企業などにと。

実はこれらの職業は、労働の対価が給料か報酬で支払われる、被雇用者か専門家なのです。これらは一定以上大きな収入を得ることは難しい。

大きく収入を得ることができるのは、事業家か投資家だというのです。資本主義の原則から、そうなっているのだと説明されます。お金が働いてお金を産むと。

仕組みを作って会社を作り、社員を雇い事業をする。自分の商品を売る。

労働の切り売りをする場合は1人の人の最大の労働時間の制約があり大きく儲けられない。仕組みであれば、制約はほぼなく、拡張性がある。

一年寝てても収入が入る仕組み。これが専門家などの労働者と、事業家や投資家との大きな違いだと。

この仕組み収入を得ることに関しては、学校教育ではほとんど教えず、良き労働者になるための教育に偏重していて、皆気づけないのです。

貧乏父さんは窮地に陥って初めてそれを実感します。

「仕事を探すな。チャンスを探せ!」

金持ち父さんの教えです。

また、家を買うことは資産を手に入れることだという認識が蔓延しています。

これについてもこの書物では次のように説明されます。

つまり、家を買ってローンを支払っている場合は、資産ではなく負債である。家を買って人に貸し、家賃が入ってくる場合は、それは資産だと。

要するに資産かどうかは、キャッシュを産むかどうか。

資産の定義が明解になり、家を買うかどうかの判断にも参考になります。

現代はネットが使え、チャンスはいろいろとあります。

この本から資本主義の法則性をしっかり学び、具体的な行動に移していけば、非常に大きな効果が現れると思います。

魂まで売る必要はないと思います。資本主義の原則を理解し、「手段」としての収入確保のためにこの書物から学べばいいと思います。

内容がストーリー仕立てで、目から鱗の説明が連続して出てきますので没頭でき、最後まで聞き終わる確率が高いため英語リスニング勉強に適していると思います。

[著作紹介]

投資家・著述家・教師。日系四世。ハワイで生まれ育つ。

ニューヨーク州の商船アカデミー卒業後、海兵隊に入隊しベトナムに出征。

その後ゼロックス社に入社。1977年、ナイロンを使ったサーファー用財布の製造・販売の会社を起業。世界でヒット。1985年、ビジネスと投資を教える教育会社を起業。著書多数。(一部引用)

→ Amazon 洋書オーディブル 「金持ち父さん 貧乏父さん」の試し聞き、または購入はこちらから

↓ 投資に関する続編

→ Amazon 洋書オーディブル 「金持ち父さんの投資ガイド」の試し聞き、または購入はこちらから

→ 英語のAudibleの一覧(Amazon)へのリンクはこちら

 

 

 

オーディブルの1か月無料お試し、会員登録の仕方

→ Audibleの1か月無料体験、会員登録はこちらからできます。

なお、Audibleのメリット、登録、ダウンロードの仕方は、こちらの記事で紹介しています。 

【無料体験8選】洋書Audible/オーディブルでスキマ耳読書リスニング勉強

 

※  以下は、英語の勉強法に関する、筆者の参考記事の要約です。

興味のある方のみお読みください。

自分の商品の宣伝等ではなく、純粋に、私が実践した勉強法と、使って良かったサービスのご紹介ですのでご安心ください。

このサイト内の私の記事にリンクを貼っていますので、英語勉強をしたい方は見てみてください。

この記事を読まれる方の中には、英語を日常生活の中に取り入れて学んでいきたいという方も相当いらっしゃるのではないでしょうか?

英語学習は、たいていの日本人にとっては、第二言語習得です。

「英語を学ぶ」というのではなく、「英語で学ぶ」という方法が取れます。好きな内容・方法で。

 

そして、英語というのは、コミュニケーションのためのツールです。

これを習得するのには、コミュニケーションの実践を重ねるのが一番です。

 

でも、インプットばかりして、実は、アウトプットをしていない、実際に喋ろうと思ってもなかなか表現も出てこない、という方がものすごく多いという現状があります。

「そんなガッツリ勉強はしたくない。楽しい方法で、できれば英語も学びたい’」という方には、

「簡単な言葉から少しずつ、英語で雑談をする。」

という方法がおすすめです。

 

英語のアウトプット、すなわちしゃべることを頻繁にしていると、いわゆる英語脳、英語耳が形成され、考えずとも表現が出てくる自動化が次第に実現していき、流暢にしゃべれるようになります。

同時にリスニングも格段に上達します。

 

コロナ時代に最適な、自宅でもどこでもできる「オンライン英会話」のサービスを、経験者の私が選りすぐってみた記事を貼っておきますので参考にされてください。

どんどんネイティブ英語を聞けるようになり、話せるようになるために日常生活でできるだけ英語をしゃべりましょう。

しゃべれる英語は聞き取れます。

 

無料体験で試してみてから、自分に合うと思ったら、そのオンライン英会話を少し続けてみてはいかがでしょうか。

「自分はまだ英語力が低いから」と不安な方は、まずは日本語を相当混ぜながら、あるいは最初はほとんどを日本語で会話するのもおすすめします。

日本人講師も選択できます。

まず一歩を踏み出してしまうのが大事です。

すぐに慣れて、「自分は英語を頻繁にしゃべってるんだ」という大きな自信がつきます。

⇒  無料体験ありの、おすすめのオンライン英会話を紹介した記事はこちら

 

※ オンライン英会話の一覧 (上記記事から抜粋)

スクール名 月額 無料体験 特徴

レアジョブ英会話

筆者おすすめ!

5,800円 2回 講師の質が均質

DMM英会話

筆者おすすめ!

6,480円 2回 講師の国籍数No.1

ネイティブキャンプ

筆者おすすめ!

6,480円 7日間 レッスン受け放題
EFイングリッシュライブ 8,100円 7日間 グループレッスンあり
Bizmates(ビズメイツ) 11,000円 1回 ビジネス英語に特化
QQ English 9,680円 2回 カランメソッド正式認定校
Mytutor 15,980円 1回 TOEFL/IELTS対策あり
hanaso 5,980円 2回 回数制プランあり
エイゴックス 5,800円 1回 ネイティブと話せる
クラウティ(学研プラス) 4,500円 14日間 家族プランあり
Cambly(キャンブリー) 8,768円 1回 予約不要

 

私の場合、留学をする代わりに、レアジョブ英会話で実践を積み重ね、スピーキングのスピードや表現、リスニングを鍛えました。

無料体験できますので、自分に合うか確かめてみてから、入会を判断することができます。価格も良心的です。

⇒ レアジョブ英会話の無料体験はこちら

※ 関連の記事です。

【実体験】オンライン英会話レアジョブで雑談してたらTOEICが100点アップ!

 

※ なお、英語力を総合的に上げて、世界中の英語サイトを見たり聞いたり、英文で読書したりして、膨大な英語情報を基に知識や教養を身に付け、豊かで自由な人生を送りたい方には、学習のペースメーカーとしてTOEICに挑戦することをおすすめします。

英検などと違い不合格というのがないので、ショックをあまり味わわず雪だるま式で英語力を蓄積させていくことができ、筆者も実践しました。

また、転職や就職を有利にするため、あるいは入学試験のためにTOEICのスコアをできるだけ短期間に上げたい人には特に、隙間時間に細切れで勉強を積み重ねることができるスマホアプリでの学習がおすすめです。

中でも、TOEIC勉強の定番であるリクルート社のスタディサプリTOEICを特におすすめします。

TOEICスコアを取得すると、英語ができるという自信や、会社などからの評価が高まりますので大きなメリットがあります。

スタディサプリTOEICのメリット・デメリット、評判、体験談などを紹介した記事を参考にされてください。

⇒ スタディサプリ ENGLISH  TOEIC の無料体験などはこちらから

 

⇒  また、英語力に応じた勉強法についての参考記事はこちら。

 

さらに、書いたものを読めば理解できるけど、音で聞くとわからない場合は、ネイティブ英語のリンキングやリダクション、フラッピングなどの音声変化を頭にインプットして発音練習することが不可欠です。

学校で習った、単語一つ一つ切り離された音とは、全く異なる場合が多いからです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!