【無料で学べる】英語リスニングのサイト9選、勉強法・コツ

英語リスニングを勉強したいけど、あまりお金もかけたくないし。無料で学ぶ方法はどんなのがあるかなぁ?
 
こんな希望に応えます。

【この記事を読めばわかること】

  • 無料で英語リスニングが学べるおすすめのサイト(YouTube動画など)
  • 私がおすすめする勉強法、コツ(効果アップ)

【無料で学べる】英語リスニング用のサイト(YouTube動画など)、勉強法、コツ

初心者向け

英語初心者は、ネイティブ英語を聞いてもほとんど理解できないことが多いですが、かといって、ネイティブ英語に触れずに、テキスト英語ばかり聞いていても、生きた会話のイントネーションや音声変化などに慣れることができません。

また、一般的に言ってテキストの英語は内容が退屈で、モティベーションがあまり上がらず、学習も途絶えがちになったり、また、すぐ飽きるので繰り返して勉強する習慣が身に付かなかったりします。

その点、英語サイト勉強法は、内容もバラエティに富んでいて、テキストを開いたりする手間もいらず気軽にスーッと勉強に取り組んでいた、という状態になりやすいです。

習うより慣れろ、という言葉がありますが、何ごとも、雰囲気に慣れる、何となく、「あー こんな感じかぁ」と分かっておくことは、確実なステップを踏んでいくために重要です。

ただし、初心者が最初にリスニングに取り組むサイトとしては、あまり難しくないサイトの方がいいですので、次のようなサイトがいいでしょう。

English in a Minute

english in a minute3

VOAによる、英語学習者向けのYouTubeチャンネルです。

バラエティに富んだ動画が随時アップされており、毎日見ても飽きません。

その名のとおり、動画は約1分で、単語、熟語も取り出して学ぶことができます。

チャンネル内に動画が多数あり、連続再生も可能なので、通勤・通学の時に聞き流すという使い方もできます。

全く聞き流しではなく、単語、熟語をストーリーの中で確認しながら覚えていけるので、記憶効率も良く、おすすめです。

⇒   「English in a minute」はこちらから

VOA Learning English

voa learning english

VOA(アメリカのニュースサイト)の英語学習者向けのYouTubeチャンネルです。

世界各地の興味深いニュースが、遅いスピードで動画にまとめられていますので、初心者あるいは中級者のリスニングの練習に最適です。

興味深いニュースを選んで見れるため飽きも来にくいです。

聞き取れない部分は、テキストで確認することもできます。

書物で学ぶより、YouTubeで学んだ方が、面倒臭さが少ないです。

自然と時事問題にも詳しくなりますので、入試、就職面接を控えている方やビジネスマンに特におすすめです。

⇒ 「VOA Learning English」はこちらから

Hello Channel

hello channel次の4つのセクションで構成されています。

① Hello Class

   単語の勉強

② The Evidence

   宗教と科学をテーマにしたディスカッションなど

③ Come With Me

   レース場やスーパーなどの場所についてのお話

④ Word Power

   初心者向け英語レッスン

英語のスピードが遅く、動画には英語で字幕が付けられていますので、初心者が英語リスニングの練習を始めるのには最適です。

⇒ 「Hello Channel」はこちらから

中級者向け

中級者は、初心者よりもネイティブ英語を聞き取れる部分が多いことから、内容的に自分の興味に合ったものを選び、リスニング時間数を重ねて上級者へと進んでいくという考え方が大事です。

この点、ニュースサイトは、日本語のニュースで内容がある程度頭に入っていることも多いとともに、興味を持って見れる内容であることが多いのでおすすめです。

ただし、このレベルでリスニング上達が足踏みすることも多いため、時折、テキストを確認し、聞き取れない音と文字を紐づけする作業を根気よくやることが、上達のコツとなります。

VOA(Voice of America)

voa

世界中の英語学習者が学んでいるアメリカのサイトです。

ニュースが、優しい単語や表現、遅いスピードで録音されていますので、中級の学習者にうってつけです。

テキストで学ぶのと違い内容的にも飽きがきません。

⇒ 「VOA」はこちらから

NHK Radio Podcast

NHK-PODCAST

NHKラジオ英語ニュースのポッドキャストです。

日本語でも聞くニュースと同じものを英語で聞くので、中級者にはとっつきやすいです。

外国のサイトと異なり日本のニュースですので、内容の類推もできるし、興味も湧きます。

このサイトで直接聞いてもいいし、ポッドキャストで聞いてもいいし、使い勝手がいいです。

短時間ずつ区切って聞けるのでストレスも低いと思います。

⇒ 「NHK Radio Podcast」はこちらから

NHK-WORLD JAPAN

NHKが世界に向けて、あるいは国内の外国人向けに発信しているNHK-WORLD JAPANです。

私はほとんど毎日、これを朝や夜につけっ放しにしています。

毎日のニュースを日本語で見るところをぐっと我慢して,この英語版で見てみてください。そのうち,慣れてきます。

ニュースの内容をある程度知っているので,リスニング強化には最適です。

これは聞き流しで十分です。楽しみましょう。

→ NHK-WORLD JAPANはこちらから

上級者向け

上級者はできるだけ多様なジャンルの多様な形態の英語を聞くのがいいでしょう。

もう英語を勉強するというより、生活に組み込んで英語で情報を得る、楽しむということが、ネイティブに近づいていくために重要です。

時折り、文字を確かめたくなるので、字幕やテキストデータが簡単に見れるサイトがやはり便利ですね。

TED(スーパープレゼンテーション)

世界の様々な分野の知恵ある人々が、興味深いプレゼンテーションをわかりやすく行う、NHKテレビでもおなじみのシリーズのYouYube動画チャンネルです。

興味のあるプレゼンテーションを選んで視聴できますので飽きが来にくく、各分野の世界の動向や最先端の情報も得られ非常に有益です。

内容に没頭して聞き、それを習慣化しやすいというメリットがありますので、リスニングの総時間数を積み上げて英語脳を育成し、ネイティブ英語の聞き取りを上達させるのに効果的です。

筆者自身、日々これを聞いて、リスニング力アップと世界トレンドの収集に努めています。

英語字幕と日本語字幕を切り替えられ,聞き取れないときは文字を確認でき、ネイティブ英語の音声変化などのインプットにも使えます。

→ TED(スーパープレゼンテーション)はこちらから

Loyal Books

執筆されてから長い年数が経っていることなどにより著作権が切れた様々な書籍をオーディオ化して,無料で提供しているサイトです。

小説、コメディなど、いろいろなジャンルの中から好きな書物のオーディオを選んでダウンロードすることができます。

ポッドキャストでも聞くことができますので、移動中にスマホで聞いたりすることもでき、リスニング時間積み上げにも適しています。

文字データも見ることができますので,聞き取れない箇所を確認して、文字と音を結び付け直し、リスニングを強化することができます。

→ Loyal Booksはこちらから

まとめ

いわゆる英語脳や英語耳をつくり、なかなか聞き取れないネイティブ英語を聞き取れるようになるには、文字も適宜確認しながら英語をできるだけ長く聞くことが大事です。

サイトで学ぶと文字まで確認することができる場合が多いですのでこれに適しています。

日常生活の中で好きなジャンルのYouTube動画などを楽しみながら、英語リスニングや英語の総合力を強化しましょう!

 

※  以下は、英語の勉強法に関する、筆者の参考記事の要約です。

興味のある方のみお読みください。

自分の商品の宣伝等ではなく、純粋に、私が実践した勉強法と、使って良かったサービスのご紹介ですのでご安心ください。

このサイト内の私の記事にリンクを貼っていますので、英語勉強をしたい方は見てみてください。

この記事を読まれる方の中には、英語を日常生活の中に取り入れて学んでいきたいという方も相当いらっしゃるのではないでしょうか?

英語学習は、たいていの日本人にとっては、第二言語習得です。

「英語を学ぶ」というのではなく、「英語で学ぶ」という方法が取れます。好きな内容・方法で。

 

そして、英語というのは、コミュニケーションのためのツールです。

これを習得するのには、コミュニケーションの実践を重ねるのが一番です。

 

でも、インプットばかりして、実は、アウトプットをしていない、実際に喋ろうと思ってもなかなか表現も出てこない、という方がものすごく多いという現状があります。

「そんなガッツリ勉強はしたくない。楽しい方法で、できれば英語も学びたい’」という方には、

「簡単な言葉から少しずつ、英語で雑談をする。」

という方法がおすすめです。

 

英語のアウトプット、すなわちしゃべることを頻繁にしていると、いわゆる英語脳、英語耳が形成され、考えずとも表現が出てくる自動化が次第に実現していき、流暢にしゃべれるようになります。

同時にリスニングも格段に上達します。

 

コロナ時代に最適な、自宅でもどこでもできる「オンライン英会話」のサービスを、経験者の私が選りすぐってみた記事を貼っておきますので参考にされてください。

どんどんネイティブ英語を聞けるようになり、話せるようになるために日常生活でできるだけ英語をしゃべりましょう。

しゃべれる英語は聞き取れます。

 

無料体験で試してみてから、自分に合うと思ったら、そのオンライン英会話を少し続けてみてはいかがでしょうか。

「自分はまだ英語力が低いから」と不安な方は、まずは日本語を相当混ぜながら、あるいは最初はほとんどを日本語で会話するのもおすすめします。

日本人講師も選択できます。

まず一歩を踏み出してしまうのが大事です。

すぐに慣れて、「自分は英語を頻繁にしゃべってるんだ」という大きな自信がつきます。

⇒  無料体験ありの、おすすめのオンライン英会話を紹介した記事はこちら

 

※ オンライン英会話の一覧 (上記記事から抜粋)

スクール名 月額 無料体験 特徴

レアジョブ英会話

筆者おすすめ!

5,800円 2回 講師の質が均質

DMM英会話

筆者おすすめ!

6,480円 2回 講師の国籍数No.1

ネイティブキャンプ

筆者おすすめ!

6,480円 7日間 レッスン受け放題
EFイングリッシュライブ 8,100円 7日間 グループレッスンあり
Bizmates(ビズメイツ) 11,000円 1回 ビジネス英語に特化
QQ English 9,680円 2回 カランメソッド正式認定校
Mytutor 15,980円 1回 TOEFL/IELTS対策あり
hanaso 5,980円 2回 回数制プランあり
エイゴックス 5,800円 1回 ネイティブと話せる
クラウティ(学研プラス) 4,500円 14日間 家族プランあり
Cambly(キャンブリー) 8,768円 1回 予約不要

 

私の場合、留学をする代わりに、レアジョブ英会話で実践を積み重ね、スピーキングのスピードや表現、リスニングを鍛えました。

無料体験できますので、自分に合うか確かめてみてから、入会を判断することができます。価格も良心的です。

⇒ レアジョブ英会話の無料体験はこちら

※ 関連の記事です。

【実体験】オンライン英会話レアジョブで雑談してたらTOEICが100点アップ!

 

※ なお、英語力を総合的に上げて、世界中の英語サイトを見たり聞いたり、英文で読書したりして、膨大な英語情報を基に知識や教養を身に付け、豊かで自由な人生を送りたい方には、学習のペースメーカーとしてTOEICに挑戦することをおすすめします。

英検などと違い不合格というのがないので、ショックをあまり味わわず雪だるま式で英語力を蓄積させていくことができ、筆者も実践しました。

また、転職や就職を有利にするため、あるいは入学試験のためにTOEICのスコアをできるだけ短期間に上げたい人には特に、隙間時間に細切れで勉強を積み重ねることができるスマホアプリでの学習がおすすめです。

中でも、TOEIC勉強の定番であるリクルート社のスタディサプリTOEICを特におすすめします。

TOEICスコアを取得すると、英語ができるという自信や、会社などからの評価が高まりますので大きなメリットがあります。

スタディサプリTOEICのメリット・デメリット、評判、体験談などを紹介した記事を参考にされてください。

⇒ スタディサプリ ENGLISH  TOEIC の無料体験などはこちらから

 

⇒  また、英語力に応じた勉強法についての参考記事はこちら。

 

さらに、書いたものを読めば理解できるけど、音で聞くとわからない場合は、ネイティブ英語のリンキングやリダクション、フラッピングなどの音声変化を頭にインプットして発音練習することが不可欠です。

学校で習った、単語一つ一つ切り離された音とは、全く異なる場合が多いからです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 
 
最新情報をチェックしよう!