セールスライティングの要点 【AIDCASでモノが売れる】

ブログの記事がGoogle検索上位に来て、アクセスはある程度あるのに、アフィリエイト商品が売れない、と悩んでいる方も多いと思います。

自分の場合、他ブログで検索上位に来ましたが、SEO技術を磨くためであり、まだ商品をそもそも売っていないです。でも、将来的に売る場合に必要となる「セールスライティング」のスキルについて、有料講座で学んだ内容を今後少しずつまとめて記事にして共有したいと思います。

セールスライティングの要点【AIDCASの法則】

セールス全般に言えることですが、ブログ記事を書く際にも、次の法則に沿う必要があります。マーケティングの基礎の基礎です。

AIDCASの法則

Attention(注意を引く)

ガーン!と注意を引くような写真、イラスト、図、言葉などを使って、サイトの記事への誘導を図ります。

Interest(興味を持ってもらう)

興味を持ってもらうような事実を書きます。

例えば、この商品を買った場合は、こんな成果が出て、こんなに素晴らしい未来が待っています、と。

人は、

① 楽をしたい、という欲求

と、

② 困難や危険を避けたい

の2つの欲求が最も強く、これを刺激されると行動します。

すなわちここでは、購買行動につながる、ということになります。

Desire(欲求をかきたてる)

上述のInterest(興味)を、できるだけ客観的な数字などで裏付けるなどして、欲求をかきたてます。

例えば、

① この商品を買うと、売り上げが〇〇倍になります

とか、

② 〇〇資格試験の合格者の〇〇パーセントは、この教材を使っています

など。

Conviction(確信を持ってもらう)

実際に商品を購入してもらえるように、今この瞬間に相手が抱いている不安を取り除いてあげます。

・ この商品は詐欺ではないのかなぁ

とか、

・ この会社は信頼おけるのだろうか

という不安。

これを取り除くために、

① 会社のこれまでの実績を、実物の写真などで、証拠として示します。

② 口コミ情報など、客観的な情報を付け加えます。

そして、ダメ押しとして、

③ 商品の効果がなければ、お金は全額お返しします、などと、効果を保証できると、より購入行動につながります。

テレビショッピングなどでも、このパターンをよく見ますね。

テレビショッピングは、一瞬でたくさん売らないといけないため、マーケティングや行動心理学のノウハウを総動員していますので、そういう目で今後見て勉強しましょう。

Action(購入という行動をしてもらう)

これは、前述のConviction(確信)の結果ですので説明不要です。

ポチっと、商品リンク、あるいは無料体験リンクを押してもらう、などのActionです。

Satisfaction(満足を得てもらう)

これは、購入行動の結果ですので、あまり説明しませんが、顧客満足度をチェックして、商品の改良や、販売戦略を常に見直していく、PDCAを回していくことは、持続的にビジネスを成功させていくためにとても重要です。

まとめ

このAIDCASの法則を頭に入れて、ブログ記事を書いていくと、成約率の高い記事になります。

なんといっても、その前にSEOで検索上位表示を獲得してアクセスを集めることが大切ですので、まずはそちらに精力を注ぎつつ、記事を書く際には、セールスライティングの法則も意識して一つずつでも反映させながら、気長にサイトを構築していくと、数か月経つと稼ぎ度合いが違ってきます。

今後、セールスマーケティングの要点を、

・ 分かりやすく

・ 少しずつ

記事に書いていきますので、引き続きこのサイトを見に来ていただけると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!