英語リスニング強化に向けた単語力アップのおすすめアプリ

英語のリスニングが苦手という方の中には、十分な単語力がまだ身についていない方が相当いらっしゃいます。

 

知らない単語が多すぎると文脈で類推するにも限界がありますし、ストレスもかかります。

逆に単語力があると、なんとなく英語を聞いていても、知っている単語単語のイメージから、文の意味が理解しやすくなります。

読書をする場合でも、いちいち辞書を引く手間が減るので、日本語の本を読むときのように快適に、内容に集中して読めるようになり、読書の楽しさが増します。

 

公園のベンチで辞書なしで村上春樹の洋書を読む! なんて、楽しいし、かっこいいですよね!

ここでは、単語力強化に役立つおすすめのアプリを紹介します。

 

【リスニング力強化】単語力おすすめアプリ【英辞郎 on the WEB 】

有料版ですが、無料版よりこちらをお勧めするのには理由があります。

 

「英辞郎 on the WEB」より収録データが充実していますし、引くのも素早いです。

 

英和例文数120万、英和・和英見出し項目数合計560万以上が収録され、高度な検索機能、2万件登録できる単語帳など、初学者から、職業的に英語を使う人まで広く使用されています。

 

単語は、単語集で覚えるよりも、文章を読んでいて、あるいは聞いていて知らない単語が出てきたときに、文脈の中で覚えるのほうが、遠回りに見えて実は近道です。

 

前後、どんな単語や品詞と結びつきやすいのか、といった情報まで脳にインプットされるし、辞書を引くその時間に記憶にインプットされやすいからです。

 

何よりも、好きな分野のリスニングやリーディングをして、継続させるのが英語上達の鍵であり、その際にはどうしても、単語帳ではなく、辞書が必要になります。

 

辞書を引く手間を惜しまず文脈の中で覚えておけば、スピーキングあるいはライティングの際に自信を持って使える英単語になります。

 

覚えようと力まなくても3回ぐらい引けば大抵覚えます。

 

私の経験から言うと、以前は読書をしたりリスニングをしている時、知らない単語だらけで、辞書を引くのも面倒でストレスが溜まっていましたが、こまめにこのアプリを使って意味を確かめ、豊富な文例を眺めたりしているうちに、気がついたら、ほとんど辞書を引かなくても意味が理解できるようになっていました。リスニング力も格段に向上しました。

 

一朝一夕にはできません。毎日コツコツです。知らない単語はその都度確かめるほうがいいです。単語博士になるぐらいの覚悟で。そのうち、知らない単語自体が減っていきますので、しばらく我慢です。

 

私は現在は、後ほど紹介するアプリ Mikanの上級者コースでテストしても、知らない単語はあまり出てきません。

 

そのレベルは、この辞書のおかげで達成しました。

 

このアプリは、文例がたいへん豊富ですので、ある日本語の文章を英語でなんと言うのか検索する際にも、探していた文章が見つかる確率が非常に高いです。とても効率的です。

是非試してみてください。

 

 

英語勉強に役立つアプリの関連記事→

english-listenimg-stock
最新情報をチェックしよう!