会社を辞める前に知っておいた方がいいこと 万全の体制でフリーランスになろう

会社を辞める決意をしたものの、辞めてからの生活は想像できていますか?

当然ですがフリーランスになると、会社員なら当たり前の保障などがなくなります。

 

不安ですよね。

 

この記事では、会社を辞める前にしておいた方が良いことを紹介します。

改めて整理することで、後悔のないようにしっかりと準備をしておきましょう。

 

すぐにできることばかりですので、会社を辞めることに漠然とした不安を抱えている方も、ぜひ読んでみて下さい。

会社を辞めると無くなるもの

主に以下の3つが、会社員であることの恩恵と言えます。

  • 社会保険
  • 厚生年金
  • 社会的信用

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

社会保険

会社を辞めると社会保険の加入者ではなくなるため、国民健康保険に加入することになります。

ただし社会保険は任意継続といって、退職後も継続できますので、退職後の国民健康保険料と比較して安い方に加入すれば良いでしょう。

しかし毎月給与から天引きされている健康保険料は、会社が半分支払っています。

そのため任意継続する場合は、今の2倍の金額を支払う必要があります。

また、以下の2点に注意が必要です。

  • 任意継続は原則2年間
  • 途中で国民健康保険に切り替えられない

 

保険料は前年の収入で決まるため、退職後2年以内に大きく収入が減少するのであれば、国民健康保険の方が安くなる可能性があります。

厚生年金

厚生年金は、会社を辞めてしまったら継続できません。

会社員ではなくなると同時に、国民年金の第2号被保険者から第1号被保険者になります。

 

厚生年金分を補うために、iDeCoや国民年金基金に加入しても良いでしょう。

国民年金の付加年金(月額400円)を利用するのもお得です。

iDeCo(イデコ)公式サイト

国民年金基金とは(全国国民年金基金公式)

付加年金保険料について(日本年金機構)

社会的信用

社会的信用は、おもにクレジットカードの作成やローンを組む際に、その威力を発揮します。

 

ローンを組む予定がある方は、審査が通るまでは在職しておいた方が良いです。

またクレジットカードをお持ちでない方は、退職前に2枚程度クレジットカードを作成しておくと良いでしょう。

 

「ハピタス」などのポイ活サイトを利用すると、クレジットカードを作成するだけで数万円分のポイントがもらえることもあります。

ハピタス公式サイト

会社を辞める時の不安要素を無くす方法

会社を辞めて独立するのであれば、誰もが以下のような不安を覚えます。

  • いくら稼げるか分からない
  • 安定して稼げるか分からない

 

その不安を解消するために「いつまで」に「いくら」必要なのかを把握しておきましょう。

そのうえで3カ月~半年分の生活費があれば安心です。

 

ただし「その生活費が無いから辞められない」という考えは一旦捨ててください。

なぜなら、私のコーチングを受ければその問題は解決されるからです。

 

スキルがなくても大丈夫です。詳しくは以下の記事をご覧になってください。

スキルなしでも起業できます。会社や家族にバレず、子育てとも両立できる働き方とは?

支出の減らし方

まずは無駄な支出を減らしましょう。

  • 家賃
  • 保険・年金
  • 光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 交際費

など、毎月のランニングコストを項目ごとに書き出してください。

 

手っ取り早く削れるのは、以下の3点です。

  • 光熱費
  • 通信費
  • 交際費

 

たとえばauやNURO光など、電気やガスを含めて事業展開しているプロバイダーと契約することで、各種割引が摘要されます。

 

キャンペーンを狙えば工事費が無料のサービスや、キャッシュバックなども。

それ以外に、携帯を格安SIMに変えるだけでも大幅な節約になります。

 

また必要のない生命保険は解約するか、保険を見直すのも有効です。

保険の加入時期によっては、最新のものの方が掛け金が安く、保障が充実している場合もあります。

 

「払わなくて良いところにはお金をかけない」が鉄則です。

 

交際費については、慶弔時以外はオンラインなどを利用して、極力外出を控えるようにしましょう。

 

新しく何かを始める際に、友人や家族は時として妨げになることがあります。

 

「事業が成功するまでは誰とも会わない」くらいの覚悟で臨みましょう。

具体的な計画を立てる

 

1ヵ月に最低限必要な金額が分かったら、具体的な計画を立てましょう。

 

雇用保険料を12カ月以上納めていた人であれば、失業手当が受給できます。

 

ただし個人事業主として開業届を出してしまうと、受給資格が失われますのでご注意ください。

 

貯金とあわせて退職金や失業手当など、会社を辞めてからどのくらい貰えるかを計算し、1ヵ月の生活費で割ると「なにもしなかった場合にどのくらい生活できるか」が分かります。

 

自己都合退職の場合、失業手当は受給開始まで3カ月弱かかります。

また最初の受給では満額もえらないこともありますので、入ってくる予定のお金もあわせてスケジュール管理しておきましょう。

成功するために必要な支出とは?

成功する秘訣は、無駄な支出を抑え、必要な支出を惜しまないことです。

 

では何が必要なのか?

 

それは「自分への投資」です。

 

何らかのスキルを得るためにスクールに入るのも同じことですが、スクールに入ったからと言って直接仕事につながるわけではありません。

 

お金を払ってでも得るべきなのは、有益な情報です。

 

現在は複数の媒体でさまざまな情報があふれているため、どれが本物なのか見極めるのはとても大切です。

 

また、インターネット上には正しいけど古い情報もあります。

ビジネスのノウハウや顧客のニーズは日々変化していますので、古い情報を手に入れても役に立ちません。

 

おすすめなのは「この人だ」と思える誰かを見つけ、お金を払って教えを乞うことです。

 

情報商材を販売している人は多数います。

無料で発信している情報を見て、信頼できる人を探してください。

 

まともなビジネスマンであれば、彼らが一番ほしいものは「信頼」ですので、無料で発信している情報が嘘ということはまずありません。

 

少しでも胡散臭いと感じたなら、またほかの人を探せば良いのです。

 

大きな山の中から1本の木を見つけ出すような作業ですが

「ついていきたい。この人のようになりたい」

と思える人がいたら、その出会いこそが宝になるはずです。

 

私まなびんも、ご相談は随時受け付けております。

お申し込みは以下の公式LINEから!

週末に2時間だけセッションを入れて、月収を30万円~50万円増やすことも可能なコーチング説明会を開催しています。

あなたからのお申し込みをお待ちしております。

説明会に参加されませんか?

私には、あなたの人生を最良のものにする自信があります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

最新情報をチェックしよう!